飛行機が欠航しても安心!帰りは特急と新幹線で

北海道は冬に少し飛行機の欠航率が上がる

北海道では毎年冬場に厳しい自然との戦いが繰り広げられます。そして降雪量の多い日や吹雪が激しい日もあって、あまりにもひどい場合には飛行機が欠航になるような事も起こります。新千歳空港など各空港の除雪設備などはかなり進化しているため実際の欠航率はそれほど高くないものの、夏場と比べると欠航になりやすい環境です。もし帰りの便が欠航になってしまったとすると、帰宅翌日の仕事を欠勤しなければならない恐れもあります。そんな不安を抱えながら旅をしていても楽しい旅行になるかどうかわかりませんので、帰りはあらかじめ特急と新幹線のチケットをとって、陸路で帰るのはどうでしょうか。この形であれば厳しい冬の北海道旅行でも現地で安心して過ごせます。

おすすめの旅行先について

特急と新幹線の速度を比較すると、3倍前後の差があります。そして例えば北海道の北部エリアから特急と新幹線で帰るとなると、稚内駅から新函館北斗駅まで移動するだけで10時間くらいかかってしまいます。そのため、特に西日本・九州など遠方からやってくる場合は北海道新幹線の終点駅(新函館北斗駅)から近い場所を旅行するのがおすすめです。北斗市内にある新函館北斗駅付近の観光地というとやはり函館市がおすすめで、新幹線の駅から特急に乗ると2駅・15分で市街地の駅(函館駅)まで到着します。続いて、東北地方からの旅行の場合は新函館北斗駅から少し離れた場所を旅行する事も出来ます。例えば行きは新千歳空港を利用し、そこからある程度近い全国有数の温泉地・登別温泉に行ったとしても登別駅から新函館北斗駅までは特急で2時間強です。新函館北斗駅から仙台駅までは約3時間弱で、登別駅から仙台駅まである程度短時間で帰れます。

美味しい、美しい、感動いっぱいの小樽旅行。中でも街中を包むように流れる優しいオルゴールの音色と、美しい運河の水の流れは旅人の心を癒やします。

© Copyright Hokkaido Traveling Distance. All Rights Reserved.